40代の転職

【キャリアコンサルタント監修】40代女性も稼げる?アラフォーから年収アップの仕事探し

40代女性稼げる仕事

女性の活躍はメディアでも取り上げられ社会的にも推進されていますが、管理職に占める女性の割合はまだ低い、というのが現状です。

出産や子育てといったライフイベントがある女性にとって、家庭と仕事を両立しながら高収入やキャリアアップを目指すのは難しいものです。

実際、女性の年収は男性と比べて低い傾向であり、キャリアを中断された方が40代からの年収アップは夢のまた夢と諦めている方も多いのではないでしょうか。

しかし子供の教育費やご自身の老後の貯蓄等を考えると、できるだけ早く稼げる仕事に就き安定した収入を得ることが大切です。

今回は、40代の女性でも稼げる仕事や40代からの年収アップ方法などを紹介させていただきます。

高収入希望の40代女性は、ぜひ参考にしてください。

浜田 有里恵
この記事の監修は・・・キャリアコンサルタント 浜田有里恵さん
  • 国家資格キャリアコンサルタント
  • ルスリール 代表
  • パーソナルカラリスト
  • コワーキングCoCoプレイス インキュベーションマネージャー
浜田有里恵さん経歴

大学卒業後、大手小売業で販売、アパレル業でサブ店長職として販売戦略やスタッフ育成に従事。出産後、女性のライフキャリアを豊かにするイメージアップや色彩講座を開催。家庭との両立や自分らしい働き方のキャリア・カウンセリングで1200人以上の女性を支援している。 地域では、子育て女性のコミュニティ運営を10年以上行う。女性のキャリア支援では、企業や行政で転職・起業・副業相談に関わり、多様な働き方や生き方の提案をしている。

多くのアラフォーが悩む「40歳の壁」

これまで仕事されてきた方なら「よりキャリアアップして高収入を目指したい」

キャリアを中断して主婦として家庭を守ってきた方なら「子育てが落ち着いたから将来のために稼ぎたい」

と、ステップアップを考える方は多いのではないでしょうか。

しかし40代女性がステップアップを考える際には「40歳の壁」に悩む方が多いものです。

キャリアアップや転職、再就職を阻む40歳の壁とは一体どういうものなのか?対策方法についてもあわせてみていきましょう。

仕事と家庭との両立の壁

家庭をもつ40代女性にとって大きなハードルとなるのが、家庭との両立です。

近年、晩婚化・晩産化が進み35歳で第一子を生む高齢出産が増え、40代でも小さい子供がいる方が増えています。

まだ幼稚園や小学校に通っている子供がいる、もしくは親の介護をされている方もいらっしゃるかと思います。

このような場合は仕事に費やす時間、勤務できる時間が制限されてしまいます。したがって時短勤務の必要性があったり、残業が難しくなってしまいます。

子育て支援への取り組み推進や働く女性を応援している企業なら多様な勤務体制を選択できますが、十分でない企業では労働時間がネックになる可能性が高いでしょう。

効率良く働ける仕事を選んだり、家庭内で協力体制を話し合ったりしましょう。会社へは「残業は事前に相談があれば可能」「〇時間なら残業が可能」などと伝えましょう。

ブランクの壁

出産や育児でブランクがある40代女性の場合、ブランクの長さによって仕事の感覚が取り戻しにくいケースがあります。

ブランクが長ければ長いほど、最近の業界の動向や企業情報についていけず困ることもありますし、IT化に乗り遅れ最新の仕事の進め方がよく分からないという方も多いでしょう。

ステップアップを意識した頃から新聞やニュースなどで、業界の動向や企業情報を把握し、時代に乗り遅れないようにしましょう。

年齢の壁

まだまだ若いと自分では思っていても確実に年齢を重ね、20代や30代に比べて様々な感覚が衰えていきます。

例えば新しい仕事を覚え、臨機応変に対応できる柔軟性の低下、新しい人間関係にうまくなじめない方も少なくありません。

また、自分よりも年下の方が先輩や上司になるケースもあります。

そのため、40代女性は若い人材と比較すると企業が「扱いづらい」「今いる社員と馴染めないのでは?」と懸念し、採用しないケースも見受けられます。

新しい仕事や環境にも前向きに取り組み、謙虚な姿勢をアピールすることで年齢の壁を乗り越えられることができるでしょう。

求人の壁

先述したように40代女性の再就職や転職では、年齢がハードルになるため求人数自体が少なくなる傾向です。

これまで培ったスキルやキャリアが重視され、即戦力として活躍できる人材でなければ正社員としての採用も厳しくなってしまいます。

特に未経験から異業種へ転職する場合、特化した強みがないとアピールできず内定を獲得することは難しいでしょう。

まずは年齢にこだわらない求人を見つけることが先決です。

様々な転職支援サービスを活用し、年齢不問や未経験OKの企業や、ご自身が活躍できる企業とのマッチングを目指しましょう。

資格の壁

40代の再就職や転職では専門性の高いスキル、キャリア、即戦力が求められます。

これらに強みがあると年齢が影響せず、未経験からのキャリアチェンジでもステップアップを目指すことができます。

40代になり未経験の業界で活躍したい!と思ったとき、アピールできる強みがないと採用には至らないでしょう。

資格を取得することでスキルや知識が身に着いている証となり、入社意欲や向上心をアピールすることができます。

ブランク期間を利用し、応募先企業や業界に関連する資格取得を目指すことが大切です。

浜田有里恵
浜田有里恵さん
  • 国家資格キャリアコンサルタント
専門家はこう見る!
自分を知ることが大切です。

40代の壁の相談はとても多いです。「収入やスキルアップをしたいが、何をしたらいいかわからず悶々としてしまう…」「なかなか前に進めない…」と感じるときは、自分に目を向けて、これからのキャリアを考えるチャンスです。焦る気持ちはあるかと思いますが、一度立ち止まって、職場、業務、家族、今後の人生について考えてみましょう。

特に自分は何に不安を感じているのか、何に自信がないのか書き出してみることは有効です。不安を整理することで、自分のウィークポイントや働く上で大切にしたい価値観が見えてきます。さらに今「壁だ」と感じているものが、スキルアップやモチベーションの種になることもあります。仕事や働き方が多様な今の時代、自分に合う仕事や働き方を見つけるためには、自分を知ることが大切です。「40代の壁」から、自分らしいキャリアをみつけるきっかけにしましょう。

40代女性の給料事情

厚生労働省が発表した『令和3年賃金構造基本統計調査』をみると、同じ40代といっても男性と女性では賃金の差があります。

年齢男性の賃金女性の賃金
40~44歳357.6269.9
45~49歳382.8270.9

男性に比べると賃金の上昇率は緩やかになり、女性特有のライフイベントやキャリアの中断から役職を持っている方や大幅な年アップのケースは少ないことが予測されます。

また40代でも前半と後半では賃金差があり、45~49歳になるとマネジメント業務や管理職についている方が増えるので、平均年収は高くなる傾向です。

参照:厚生労働省 令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況

第2表 性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び年齢階級間賃金格差

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2021/dl/02.pdf

40代女性が稼げる仕事 職種一覧

では「もっと稼ぎたい!」と高収入を狙う40代女性に向けて、稼げる職種を紹介します。

経営/事業企画・管理系

前職のスキルやキャリアを活かした収入アップ転職におすすめなのは経営/事業企画・管理系の職種です。

未経験からの転職は難しいですが、前職で経営、マーケティング、マネジメントに関わっていた方は採用が有利になるでしょう。

企業としては即戦力になる人材を求める傾向なので、分析力、マーケティング力に強みのある方のステップアップにおすすめです。

営業職

40代という年齢や性別に関係なく、実力次第で稼げる仕事といえば営業職。

営業職にはルート営業や法人営業、新規開拓営業など様々な種類がありますが、専門的な知識が必要なMR(製薬会社の営業)やIT営業は特に給与が高い傾向です。

営業職というと成果次第で収入アップする歩合制のイメージがありますが、これらは基本給が高いことが特徴です。

ノルマがプレッシャーになる場合もありますが、未経験からでも採用されやすく自分の頑張り次第で給与アップが望めるので稼ぎたい40代女性にぴったりです。

コンサルタント職

これまでのスキルやキャリアを活かした異業種転職にぴったりなのがコンサルタント職です。

経営状態の改善や経営方針について分析し、アドバイスするコンサルタント職は業界・職種未経験でもニーズがあり、多種多様なバックグラウンドのある方達が活躍されています。

データや数字、分析力が優れている方や業界や分野に特化した強みのある方、経験はコンサルタント職を目指す上での大きなアピールになります。

浜田有里恵
浜田有里恵さん
  • 国家資格キャリアコンサルタント
専門家はこう見る!
当たり前のスキルや経験でも業界によって重宝される

40代で稼ぐためには、今までの経験を活かすこと、未来視点を持つことがおすすめです。収入面や条件、評判だけで判断してしまうと「こんなはずではなかった…」となりがちです。一方、魅力的な仕事を見つけても「自分には無理」とあきらめてしまうケースもあります。こういったミスマッチを防ぐためには、自分の経験やスキルの延長線上にある職種で、自分を高く売れる仕事を選びましょう。

自分にとっては当たり前のスキルや経験でも重宝される業界や会社はあります。また、仕事で達成したい目標、志を実現できる職種を選ぶことで、仕事へのモチベーションになり、スキルアップで収入増につながります。自分の強みや目標がわからない方は、転職アドバイザーやキャリアカウンセラーに相談すると客観的な視点を得られるのでおすすめです。

40代から年収アップする方法は?

前項の厚生労働省のデータをみると「もっと年収アップしたい」「女性だからといって男性より収入が少ないのはイヤ」と思う方もいらっしゃるかと思います。

将来のことを考えると、少しでも収入が多い方がいいと思うのは本音ですよね。

40代女性が年収アップする方法には、以下のような方法があります。

今の会社でキャリアアップする

今さら仕事を変えるのはちょっと…

転職活動も大変だし…

と思う方は、今の会社でキャリアアップし年収アップを狙う方法があります。

マネジメント職や管理職等、役職をもつためには、やはり「働く意欲」や「向上心」をアピールすることが大切です。

企業によって社員の積極的なキャリアアップに取り組んでいるところもありますので、セミナーや研修会に参加してみましょう。

資格取得を目指す

今働いている会社での昇格や転職において、資格取得によって仕事の幅を広げることは年収アップにつながります。

上司にどんな資格があれば仕事に活かせるか相談したり、転職を検討している方なら目指す業界に必要な資格、役立つ資格はなにか調べたり、スキルアップにつながる資格取得を目指しましょう。

キャリアを活かした転職

今働いている会社で頑張っても年収アップが難しい場合、役職になれそうもない場合は転職もひとつの方法です。

40歳の壁という言葉があるように40代からの転職は難しいイメージがありますが、スキルやキャリアに強みのある方は職歴が重視され採用率は高まるでしょう。

ただし将来的な年収アップは期待できても、転職後すぐはゼロからのスタートとなるケースも多く、一時的に年収ダウンする可能性があることを覚えておきましょう。

また大手企業や有名企業だからといって高収入とは限りません。

ベンチャー企業や中小企業では即戦力として活躍できる人材や役職を任せられる人材が求められています。

年収アップを狙うなら、ご自身の市場価値を把握し採用ニーズが高い企業を選びましょう。

稼げる職種を見極める

厚生労働省のデータでは全職種による平均的な賃金を紹介しましたが、職種や働く職場によって収入は異なります。

前職でのスキルやキャリアが十分でなくても高収入が見込める職種であれば、転職後に資格取得やスキルアップしてさらに年収アップを目指すことができます。

未経験からの異業種転職の場合は、前職での経験が強みになり評価されるケースも多いので、まずはスキルやキャリアの棚卸をしてみましょう。

また、ブランクが長すぎて主婦歴しかないという方も、家庭や子育て経験が仕事に活かせる場合もあります。

これまで積み重ねたことは全てアピールにつながると考え、再就職や転職に活かしていきましょう。

浜田有里恵
浜田有里恵さん
  • 国家資格キャリアコンサルタント
専門家はこう見る!
主体的に自分のキャリアを創っていきましょう

40代は今の会社に残るか、まず資格を取得するか、転職するか…とても迷うところだと思いますが、どの選択でも大切にしたいことは「会社にとって必要な存在になること」です。70代まで働く時代。まだ数十年ある職業人生では、社内の異動や人間関係、組織の変化など何が起こるかわかりません。変化をしなやかに乗り越え、自分らしく働き続けるために、主体的に自分のキャリアを創っていく意識を持つことが大切です。

その意識は未来の不安も少なくします。そこで有効なのが「学び直し」です。持っているスキルを今の時代に合うものにブラッシュアップしたり、新しい学びを取り入れて仕事に活かすことで、収入増だけでなく、今後の仕事の幅や自分の可能性も広がります。学ぶことで新しい人脈や仕事に出会う場合もあります。ぜひアンテナを立てて、チャレンジしてみてください。

収入アップを目指すなら資格取得も視野に!

企業が40代に求めるのはチームをまとめる力や即戦力。

20代や30代の若手人材と比べて経験豊富なので、イチから仕事を教える必要がなく基本的なビジネスマナーが身に着いていることが40代の強みです。

前職のスキルやキャリアがアピールできるなら問題ありませんが、強みとしてアピールするにはやや足りない…という場合は資格の取得も視野に入れてみましょう。

資格はその分野の知識やスキルをもっていることだけでなく、取得に費やした努力や向上心をアピールすることができます。

未経験からの転職の場合、もしライバルが資格をもっていないなら有資格者の方が採用に有利になる傾向です。

その分野で働きたいというアピールや入社意欲を伝えるには、資格も強みのひとつになるでしょう。

なぜ資格取得を目指すのか?どれくらい稼ぎたいのか?などを考え、目指す業界に必要な資格を検討しましょう。

また、年齢を重ねてからの資格取得は家庭と両立しなければいけないので、家事の合間に学習をしたり費用について考えたりと、様々な負担もあります。

資格取得をゴールにするのではなく、資格取得後のキャリアプランの達成をゴールにし、無理のない計画をたて学習をはじめましょう。

【まとめ】アラフォーの人生経験は宝

40代女性でも稼げる仕事や40代からの年収アップの方法についてお伝えしました。

40代になるまでキャリアを重ねていた方は、これまでのキャリアは大きな強みとしてアピールすることができまし、経験者が優遇され好条件での転職が望めます。

一方、出産や育児をきっかけにキャリアを中断された方は、40代間近になり「もう年齢的にダメだ」と40歳の壁に諦めがちです。

しかしブランク期間中に地域の活動やPTAなど様々な経験をされていたかと思います。

例えば地域やママ友、子供の部活関係の人間関係の構築など、ビジネスに役立つスキルを自然に身に着けている方が多いのです。

これらの豊富な人生経験は40代女性の大きな強みになりますし、企業としても臨機応変に対応できる人材、チームの中心になれる人材として重宝されるでしょう。

  • 今の環境でキャリアアップするのか
  • 稼げる仕事に転職するのか

年齢的に諦めず、ご自身に合った方法で収入アップにチャレンジしましょう。

-40代の転職