転職お役立ち情報

転職後の不安を解消!緊張する新しい職場に馴染む7ルール

新しい 職場 緊張
新しい 職場 緊張

【作:えりたさん】

「転職した会社に馴染めるか…」

「会社の人とうまく付き合えるか…」

「仕事がちゃんとできるか…」

転職後、新しい職場に入社する際は誰しもが不安になるものです。

特にGW~7月、年明けは求人数が増える時期なので、転職後このように不安を抱えながら出社する方は多いのではないでしょうか。

しかし、いつまでたっても不安感や緊張感を持ち続けていると、自分らしさを発揮できず業務を遂行することができません。

そこで今回は、新しい職場環境に馴染むためのコツについてお伝えします。

これから転職活動を始めようと思っている方や転職が決まっている方は、ぜひ参考にしてください。

転職で感じる3つの不安

転職活動を終え、いざ入社する際は誰もが不安感や緊張感を抱きます。

転職後の不安には以下のような内容があります。

転職した会社に馴染めるか…

企業風土や社風はそれぞれの企業により大きく異なり、会社独自のルールも存在します。

ある程度はホームページやパンフレットなどから情報収集でき、転職活動の際も企業研究をされているかと思います。

しかし実際の職場環境や内部事情は、入社してみないと分からないですよね。

良い職場に出会えるのか、転職先で馴染めるかどうかは運次第といえるでしょう。

会社の人とうまく付き合えるか…

中途採用で転職となると、すでに人間関係ができあがっている環境へ飛び込むことになります。

「会社の人とうまく付き合えるか」と不安になるのは当然のことです。

もちろんどの会社にもいい人、苦手な人、怖い人…など様々な方が働いていますが、前職を“人間関係”が問題となり退職された方は、特に馴染めるか怖いと感じるでしょう。

仕事がちゃんとできるか…

もし経験者として転職したとしても、新しい職場環境でスキルが発揮できるか分かりません。

これまで培ってきた知識やスキルを活かし即戦力として活躍できるか、キャリアやスキルを評価してもらえるか不安になります。

せっかく中途採用されたのに「使えない」と思われることも怖いと感じる原因になり、仕事へのプレッシャーや緊張感につながりますね。

では新しい職場で不安なく、環境に馴染むことについてみていきましょう。

新しい環境に馴染む7ルール

「1日でも早く仕事を覚えて心機一転頑張りたい!」

不安や緊張感でいっぱいになりながらも、このような気持ちを抱き転職先で仕事を始めるでしょう。

しかし、転職したての第一印象は多くの場合、悪いイメージを持たれることは多くありません。

よほど身だしなみが整っていないか、態度が悪いか…まだあなたがどんな仕事をするのかが分からないため、固定されたイメージは持たれないのです。

そのため入社したての頃よりも、これからの自分の行動や姿勢によってイメージが左右されるということを理解する必要があります。

では、新しい環境に馴染むコツについてみていきましょう。

これから紹介する7ルールを実践することで転職後のイメージアップにつながるでしょう。

1.笑顔と挨拶

人の第一印象はメラビアンの法則により、見た目が55%で印象付けられるとされ、身だしなみや表情、礼儀が重要になります。

当たり前ですが「おはようございます」「ありがとうございます」「お疲れ様です」「お先に失礼します」といった挨拶は、人とのコミュニケーションを行う上での基本です。

そして挨拶をする際には、いい印象を与える明るい表情も大切です。

笑顔で接することで、相手からのイメージアップにつながりますし職場環境にもいい影響を与えるでしょう。

暗い表情よりも明るい表情をしている方が、話しかけられやすいといったメリットもありますね。

「〇〇さんがいると明るくなるね」と、言ってもらえるよう和やかな雰囲気で仕事を行うことが大切です。

スタッフに声をかけるときは、以下のポイントに気を付けてみましょう。

要件の前に「〇〇さん」と相手の名前を呼ぶ

例えば「〇〇さん、お疲れ様です」と伝えることで、顔と名前を結び付けやすく、相手にとっても「名前を覚えてくれている」と好印象となるでしょう。

マジックフレーズをつける

いきなり自分の言い分を相手に伝えるのではなく、言葉を柔らかくし印象を優しくするマジックフレーズが効果的。

はじめに一言、「あいにく・・」「恐れ入りますが・・」と添えるだけで言葉のニュアンスが変わります。

また「おかげさまで」と一言付け加えることで、「あなたのおかげで」という意味が込められ感謝の意を伝えることもできます。

2.ホウレンソウはしっかりと

社会人としてのマナー「報告・連絡・相談」であるホウレンソウも、人間関係を良好に保つ方法です。

転職してすぐは仕事の進め方や分からないことも多いでしょう。

分からないことを放置せずに、すぐ相談し実践していくようにしましょう。

また、一人で仕事を進めず必要なときは報告・連絡を忘れず行うといった基本を忘れないよう丁寧に仕事に取り組むことが大切です。

3.清潔感を心がける

普段から必要なことですが、とくに職場では清潔感を心がけることが大切です。

清潔感のある身だしなみ、ファッションはもちろん、デスク周りやロッカーの整理はきちんとするようにしましょう。

入社してすぐに「きたない人」「片付けができない人」といったイメージをもたれてしまうと、良好な人間関係が築けず、気が付いたら職場で浮いてしまっていたという可能性も高まります。

4.気負いすぎない

「早く職場に馴染みたい」

「即戦力として活躍したい」

「自分を認められたい」

と、入社してすぐは熱意が高い方が多いです。

しかし会社や業務に慣れない内から、自分にできる範囲の仕事を超えて仕事を抱えたり、急いでやろうとしたり…仕事に対して気負い過ぎる人がいます。

無理な業務を抱えてミスをしてしまい、信用を損なう可能性もあります。

まずは新しい職場環境に慣れ業務を覚えることからはじめましょう。

5.円滑なコミュニケーション

業務の遂行と同時に大切なことは、職場の人間関係で円滑なコミュニケーションを行うことです。

自分がどんな人間か知ってもらうことと同時に、職場でのポジションを築いていく大切な行動のひとつになります。

業務で分からないことは適切に質問したり相談したりはもちろん、休憩時間や空き時間に声をかけたり職場内の交流を図りましょう。

与えられた仕事を淡々とするだけでなく、自分の作業が落ち着いたら「できることはありますか?」「できることがあれば言ってください」と、仕事への協力的な姿勢をアピールすることも大切です。

周囲の様子をみて協力的に行動できる人は、職場にもすぐ馴染み歓迎されやすいでしょう。

6.メリハリをつける

職場内の人間関係がうまくいき、円滑にコミュニケーションがとれるようになったとしても礼儀は忘れてはいけません。

つい言葉遣いがぞんざいになったり、仕事中にも関わらずプライベートな話ばかりをしてしまったり。

あくまでも職場ということを忘れず、言葉遣いや礼儀は正しくつかいメリハリのある行動を心がけましょう。

7.会社のルールに慣れる

会社にはそれぞれ独自のルールや禁止事項があり、前職と異なるケースも少なくありません。

業務がスムーズにできる前に「前職の会社ではこうだった」と意見をしたり改善案を出したりするのはNGです。

「この会社に馴染もうとしていない」と、周囲に思われるだけでなく会社からも「プライドが高い人」とレッテルを貼られてしまう可能性があります。

まずは転職した会社のルールを知り、その会社のやり方に慣れていくことが大切です。

転職者が活発になるシーズン

中途採用は通年行われていますが、企業や求職者の動向は1年の中で活発な時期とそうでない時期があります。

中でもGW中ぐらい~7月・年明けと転職者が活発になるということをご存じでしょうか?

  • ボーナスが支給月であり、ボーナスをもらって退職・転職する人が多い
  • 新卒の方が職場環境を把握した後に転職

などが主な理由になります。ではそれぞれみていきましょう。

人材確保のため中途採用がメイン

6月、7月は、新卒入社の社員への新人研修が終わる時期ですが、ちょうどそのタイミングで「やっぱり会社に馴染めない」「身体を壊してしまった」と、退職する方がいます。

研修を終えて配属を決めようとする頃に退職者が現れ、配属先の部署で人員不足が生じてしまいます。

こうなると企業にとって大きな痛手となり、早急に人材を確保する必要があります。

このように2つの理由から退職・転職する方が多く、企業の中途採用も活発になる時期です。

経験者が有利

企業としても改めてイチから教育するのではなく、経験者を採用しすぐに業務に取り掛かってほしいと考えています。

この時期の転職市場では、教育コストを抑え、即戦力として活躍できる経験者を求める傾向です。

そのため未経験からの転職は、経験者に比べると難易度は高くなるでしょう。

転職のタイミングはいま!

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの企業が事業縮小やコロナ倒産など、利益減少に見舞われました。

しかし、円安を追い風に全体の7割の会社が増益に転じ、特に総合商社や海運会社などで好決算となりました。

大手企業が増益していることから、コロナ禍によって中断されていた企業の事業拡大が進められています。

採用活動も活発になり、転職活動を始めようと考えている方にとって大きなチャンスです。

転職前は事前準備をしっかりと

転職で感じる不安を少しでも解消するためには、入社前に…

  • どんな企業風土・方針の会社なのか
  • 職場の人間関係はどうか

といった内部情報を掴んでおくことが大切です。

それには転職活動で自己分析や企業研究を十分に行いミスマッチのない転職を実現させることが必要ですが、一人ではなかなかできない方もいらっしゃいます。

また、ホームページやパンフレット、口コミだけで知り得る情報は、職場の内情を十分に把握するためには物足らないでしょう。

そこで転職後の不安をなくすために内部情報を知るために、転職エージェントの利用も一つの方法です。

転職エージェントは、企業とのつながりも強く、実際に企業訪問したアドバイザーが企業の内部事情や人間関係を熟知し、転職前に教えてもらえます。

「入社してみないと分からない」

「良い職場に出会えるかは運次第」

といったあいまいな気持ちで飛び込むのではなく、あらかじめどんな職場環境なのかを知った上で入社することでミスマッチを防ぐことができるでしょう。

また、事前に職場環境が分かっていれば心の準備もできますね。

【まとめ】新しい職場で自分らしさを発揮しよう

いかがでしたでしょうか?

新しい職場環境に馴染むためのコツについて紹介しました。

そしてコロナ禍が落ち着き、増益傾向にある今が転職のチャンス!

転職を考えている方は、ぜひ今のタイミングに動き出し心機一転、新しい職場へ飛び込むタイミングといえるでしょう。

新しい職場では不安や緊張は当たり前ですが、そればかりに捉われていては本来の実力が発揮できず、不完全燃焼に陥りがちです。

今回お伝えした7ルールを参考に、早く職場に慣れて自分らしい仕事に取り組んでいきましょう。

えりたさん

Twitter @erita_enikki

お仕事マンガ お仕事マンガ.com

Instagram erita_enikki

-転職お役立ち情報