転職お役立ち情報

海外転職のメリットや注意点!ハードルを下げる転職方法は?

海外 転職
海外 転職

【作:みれさん】

グローバル化や働き方の多様化が進み、海外転職を成功させインターナショナル人材を目指す日本人が増加しています。

社会人になり自分のキャリアを見つめなおしたとき、より視野の広い世界でチャレンジしたい!と思う方も少なくありません。

「海外転職に興味あるけど、どうしたらいいんだろう?」

「海外で転職するなら何が必要だろう

「難易度はどれくらいだろう

と、未知の世界に対する疑問や懸念が浮かびますね。

今回は、海外で転職するメリットや注意点、海外転職を実現させる方法などについてお伝えさせていただきます。

海外で働いてみたいと思っている方やインターンシップの参加を考えている方、海外転職の悩みや不安を抱えている方はぜひ参考にしてください。

なにがプラスになる?海外転職のメリット

日本とは異なる労働環境の海外。生活環境や言語も異なるため大変なことが多いですが、憧れの海外転職を成功させることで以下のようなメリットがあります。

では、海外転職で得られるメリットをみていきましょう。

視野が広がる

様々な国の方とともに働くことで、業務の仕方やトラブルの対処法のレパートリーが広がるだけでなく多様な考え方を学ぶことができます。

他国の文化や風習に触れ、自分の価値観の変容や新しい発見のきっかけになるかもしれません。

多面的な物事の捉え方ができ、世界観が広がるといったメリットがあります。

スキルアップ・キャリアアップできる

海外で働くことで語学力はもちろん、身に着けたスキルやキャリアは将来の武器になります。

実用的な語学やその国独特のスラングを学べ、何よりも他国の方とのコミュニケーションの機会が多いこと。他社の国や文化を尊重し交流することは、グローバル化が進む中でのスキルアップのチャンスとなります。

また、海外でのキャリアがその後の転職でのアドバンテージになることも。

他者との差別化につながり、現地での経験はあなたの強みとしてアピールでき有利な転職につながる可能性が高いでしょう。

実力を試せる

年功序列の日本と比べて、海外は実力主義。近年、日本でも終身雇用の廃止、大企業に就職すれば一生安泰という神話は崩壊しつつありますが、まだまだ昭和の経営スタイルが続いている会社も多く存在しているのが現状です。

日本の会社の評価に不満を持っている方も、海外転職することで自身の実力を発揮し、評価につなげることができます。

そのため達成感や満足度が高く、やりがいをもって仕事に取り組めるでしょう。

人間関係で悩みにくい

日本では職場の人間関係で悩み退職する方が多いですが、海外では日本と比べるとフランクな付き合いがみられます。

日本のようにポジションを気にして意見が言えないといったことは少なく、お互いが仕事に対して向き合い、建設的な意見交換がスムーズ。

良好な人間関係は、仕事の効率化にもつながるでしょう。

海外転職するときはコレに気を付けよう

魅力的なメリットがある海外転職ですが、一方で気を付けなければいけないポイントもあります。

就労ビザの問題

「海外転職しよう!」と思っても、まずは就労ビザの取得が必須。

国によっては就労ビザが厳しくなっているところもあります。

現地の状況や動向によっては海外で実際に働いていても更新ができず、帰国が余儀なくされることもあるでしょう。

評価されるスキルはある?

ただ漠然と海外で働きたいと思っていても、即戦力として活躍できるスキルがあるかがポイント。

もし海外で通用するスキルがない場合は、年単位でスケジュールをたてスキルを身に着けてチャレンジすることも考えた方が◎

例えば信用力が高い金融系企業でスキルとキャリアを積み重ねて、海外転職するといった方法です。

転職の際のアピールにもつながりますし、実績がキャリアとしても評価が高くなるでしょう。

サービスや治安の問題

日本よりも治安が悪く、サービスの水準低い国や地域も少なくありません。

日本と同じようなサービスが受けられるという思い込みや、国や地域の治安や情勢をしっかり把握しないまま転職してしまうのはNG

ハードルが高い!海外インターシップ

海外転職を考えたとき、まずはインターンシップをしてみようと思う方もいらっしゃるかと思います。

海外インターンでの経験は自分自身を客観的に見つめ直し、キャリアプランの視野が広がるきっかけになるでしょう。

また現地での仕事をする中で語学力やビジネススキルの習得や向上につながります。

しかし、日本とはインターンシップの事情が少し異なるという点には注意してください。

現在の仕事を退職・休職する必要がある

海外インターンに参加する場合、会社を退職もしくは休職する必要があります。

今のキャリアを捨ててゼロからスタートすることへの葛藤は大きいものでしょう。

なぜ海外インターンに行くのか、海外転職は今必要なのかを考え、キャリアプランを明確にしなければいけません。

年齢制限がある可能性が高い

インターンへの参加は、ビザ申請の関係や海外企業の意向として比較的若い人材の受け入れが多い傾向です。

インターンとして迎え、その後正社員として活躍してもらいたいと考えている企業が多く、年齢を重ねた方よりも、これから長く企業に貢献してくれる若い人材をインターンを通じて雇用したいからです。

費用面の不安

海外インターンに参加する場合、申込金及びプログラム費用・滞在費・海外旅行傷害保険・渡航費・ビザ費用といった費用がかかります。

エージェントを通じてインターンシップを受ける場合は斡旋費用もかかることもあることを把握しておきましょう。

そして企業によって有給の場合と無給の場合があり、有給の場合でも報酬は最低賃金が基準になるため生活に困ることも…

生活に困らないように貯金を確保することやインターンシップ中でも収入を得られるような準備をしておくなどが必要です。

海外のインターンシップは日本と同様に試用期間となりますが、日本と比べるとハードルが高いことが分かります。

また、有給のインターンシップでは実務経験があり、語学力の高い人材など受け入れ企業の求める採用基準が高くなります。

しかし、現地企業への転職を考えたとき実績やキャリア、人脈がない方が突然転職するのは厳しいでしょう。

インターンシップをクッションに、働き方や実績を評価してもらい転職する方がスムーズ。

グローバル人材を目指している方は、まずインターンシップを考えてみるのもおすすめです。

海外転職の難易度は高い?低い?

先述したように海外インターンシップの参加をはじめ、海外転職は日本で転職するよりも大変厳しいです。

言語や文化の違いや世界情勢に影響されやすいこと、そしてそもそもの求人数が少ないことが理由にあげられます。

世界的に不安定ないま、現地の就業率やビザのハードルは上がっているでしょう。

例えば、国内での雇用率が低い国では海外に転職した外国人労働者よりも現地の方の雇用を確保する政策が打ち出されたり、就労ビザ発行の条件が厳しくなったり…

海外転職する方法

このように世界的に海外転職の難易度は高くなっていますが、それでも海外で自分の力でチャレンジしたい!という方が多いのも事実です。

そこで海外転職を実現させるための方法についてみていきましょう。

ワーキングホリデー

18歳~30歳の方でしたらワーキングホリデー制度を活用するのも◎

国によって制限は異なりますが、自由度が高く語学力の勉強や仕事の経験にチャレンジすることができる制度です。

収入を得ながら帰国後の就職や転職に活かすことができます。

現地採用で転職する

長期間自由に働きたい人におすすめなのが、日本以外の外資系企業での現地採用です。

現地の企業、法人に直接雇用してもらう方法でビザ期間の続く限り働くことができます。

しかし高い語学力が必要とされること、語学力以外のスキルが求められるためハードルは高めです。

また、国際的なビジネススキルを身に着けられるのでグローバルに活躍できる人材として大きく成長できるでしょう。

日系企業の現地採用で転職する

日本の企業の海外進出が進むいま、海外支社や現地法人への応募もひとつの方法です。

働く国や機関、内容など自分で決めて仕事を選ぶことがメリットとなり、業務が評価されれば駐在員になれる可能性もあります。

駐在員になる

日本国内の企業に転職し、海外支社に駐在員として出向・派遣される方法です。

現在働いている会社に海外支社がない場合は、海外進出をしている企業へ転職するといったスタイルになります。

会社都合により海外勤務となるため、希望に合った国や働き方は難しいです。

出向期間終了後は、帰国し元の会社で働くことができます。

デメリットとしては、必ず海外勤務ができるとは決まっていないことです。

海外支社がある場合は強い希望を出したり、海外勤務に向けてスキルを身に着けたりといった努力が必要でしょう。

他の方法に比べると自由度は低いですが、日本の企業水準がベースなので安定した雇用や給料、福利厚生などがメリットとなります。

また、現地支社のマネジメントが業務であることが多いため、マネジメント経験が積めます。

そして帰国後はグローバルな視野をもった人材として活躍でき、キャリアアップにつながるでしょう。

海外転職に強い転職エージェントを活用する

海外就職の難易度は高いですが、海外転職事情や動向に詳しい転職エージェントを活用することで、より視野を広げた転職活動を進めることができます。

  • 客観的にキャリアプランを見つめ直すことができる
  • 海外転職についてキャリアアドバイザーの意見が聞ける
  • 不安なことや仕事の探し方など相談できる

様々なメリットがありますが、海外に支社をもつ企業の紹介や海外転職のサポートなどを受けることができるので、海外転職の可能性を高めることができます。

採用後のアフターフォローも充実していますので、入社後の疑問や不安など初めて海外転職する方にとって心強い存在となるでしょう。

【まとめ】グローバル人材に成長できる海外転職

いかがでしたでしょうか?

海外で転職するメリットや注意点、海外転職を実現させる方法などについてお伝えさせていただきました。

海外転職のハードルは高いですが、しっかりと情報を把握し海外転職のプロのアドバイスを聞くことで効率的な転職活動を進めることができます。

海外転職やインターンシップの参加を考えている方は、まずは語学力やスキルアップ、海外転職の費用を貯め、情勢や動向などをチェックしておきましょう。

そして海外転職する目的やキャリアプランを明確にし、人生設計を立てて行動をスタートさせることが大切です。

海外で様々なバックグラウンドを持つ方とともに仕事をすることで、自分自身の新しい発見やスキルアップにつながります。

また考え方や文化、習慣の違いなどを尊重でき、広い視野をもったグローバル人材に成長することができます。

ぜひ人生やキャリアについて見つめ直し、夢の実現に向かって一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

みれさん

-転職お役立ち情報